インフォメーション

2013-11-24 18:19:00

cappuccino展「女と部屋」

 

女は部屋で進化する。

 

隠しきれない喜び、

人には見せない涙、

汚い自分、

恥ずかしい自分、

可愛らしい時間、

愛おしいあたし。

 

この狭い世界には、いくつもの時間が流れている。

 

女の部屋はたくさんの顔を持つ。

 

そしてまた、外で輝きはじめるのだ。

 

女と部屋はとても魅力的で暴力的だ。

 

Art dance performercappuccino(カプチーノ)による踊って踊らない展示です。

会場では写真・映像展示のほか空間をスタイリングし表現します。

そして1220日~22日の3日間は毎日踊ります。

ダンスに興味がある方もそうでない方も是非一度足を運んでください。

この空間は、今日も必死に生きて頑張っているあなたを受け止めるお部屋です。

 

1217日―1222日まで12:0020:00で開催(最終日は19時まで)

※ダンスパフォーマンスには一人500円のチケットが必要となります。

※会場にてアクセサリーブランドDomaciの作品他、cappuccinoの作品も販売いたします。

 

cappuccino HP

 

http://ewkb.web.fc2.com


2013-11-22 14:55:00

chou chou fleur ~新しい押し花のかたち~

 

押し花でオシャレしませんか?

 

日常に使えるワンポイントに。

さりげなく、ほんものの花が見えたら可愛いですよね。

自分の部屋に好きな花を飾り、

ちょっとしたお出かけに好きな花を身につける。

手づくりの温もりで、気分が明るく、幸せな気持ちになります。

 

押し花の魅力は、自然の花の魅力をそのままに表現できること。

インテリアのグリーンと相性も良く、

押し花でつくるアクセサリーは、自然素材ゆえの穏やかさに包まれます。

 

あなたも手づくりの温もりを感じてみませんか。

 

chou chou fleur ~新しい押し花のかたち~

1214日(土)14001800

1215日(日)12001800

入場無料

作品展示・ワークショップ・販売あり

 

URLhttp://nihonvogue.jugem.jp/?eid=684

 

2013-11-02 18:53:00

11/29-12/1 【はいはい】展

桜美林大学造形デザイン専修、ゆきんこ かなめ きむ おゆ まなみ めぐ  による はいはい歩きの私たちと生まれたての展示会。
絵やテキスタイルなどを展示します。


2013-10-20 09:25:00

 

五人展「第二回マルヤマ倶楽部─身の丈(みのたけ)─」

アートスクール「アトリエエビス」にて2011年発足。

絵画の枠組みを越えた総合芸術のたまり場として幅広い活動を行っているその名も「マルヤマ倶楽部」。

 

第一回展覧会は西荻窪にて開催。

ライブあり、映像作品あり、その幅広いラインナップは、多くの来場者に衝撃を与えることとなった。

 

そして第二回。

 

新たなメンバーも集い時は満ち足りた。

 

今回の会場は下北沢「HIBOU HIBOU」。

周囲は常に好奇心旺盛な老若男女。

マルヤマ倶楽部のテーマカラーでもあるピンクと黒。

艶やかなピンクが来場者を温かく包み込み、妖しい黒が来場者に驚きと唯一無二の「何か」を刻み込む。

 

さあ是非御覧あれ。

それはマルヤマ倶楽部が解き放つ深遠なる世界。

そして御堪能あれ。

AND YOU!

気付けばあなたもマルヤマ倶楽部の世界に浸食されること間違いなし(注:個人によります)!

 

今回のお題は「身の丈(みのたけ)」。

参加者達の描くそれは如何なるものなのか!?

乞うご期待!

 

文化の日は是非当ギャラリーまで足をお運び下さいませ。

よろしく御願い申し上げます。

 

 

 

マルヤマ倶楽部

丸山ゆういちろう/酒巻ゆきえ/松木直紀/河原木はるか/清水孝起

 

 

五人展「第二回マルヤマ倶楽部─身の丈(みのたけ)─」

10月30日(水)─11月3日(日)まで開催

※最終日のみ17時までとなります。また当日15時より「しめやかに」パーティーをおこないます。是非ご参加ください。

※期間中マルヤス&セーノによるライブを不定期開催予定。こちらもお見逃しなく!


2013-10-20 09:23:00
新美南吉展 「かえりみち」

新美南吉展 「かえりみち」
2013/10/19(土) 11:00-20:00

2013/10/20(日) 11:00-20:00


「ごん狐」や「手袋を買いに」でお馴染みの作家・新美南吉は、2013年に生誕百年周年を迎えました。彼の作品の多くは出身地である愛知県半田市の豊かな自然を舞台に、愛と悲哀が描かれています。
今回の展示では、新美南吉が遺した作品たちをふりかえり、辿っていきます。彼が遺した「かえりみち」とはどこへつながっているのだろう。そんな思いを込めて作った私たちの作品を、どうぞご覧ください。

odd blue
久保夏生/城島はる香/芳賀理子/原口恵理 
文学好きな四人が、多くの人に文学を身近に感じてもらうために2011年結成。今までに中原中也、坂口安吾を題材とした展示を開催。
デザイナーとして、それぞれの感性で作家の世界を表現していきます。
odd blog

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...